So-net無料ブログ作成
検索選択

PCI特別背任事件 元会長ら2審も無罪(産経新聞)

 国の遺棄化学兵器処理事業をめぐり、大手建設コンサルタント会社「パシフィックコンサルタンツインターナショナル」(PCI)に不要な事業委託費を支出させて約1億2000千万円の損害を与えたとして、特別背任罪に問われた同社元会長、荒木民生被告(73)の控訴審判決公判が10日、東京高裁で開かれた。矢村宏裁判長は「支出に違法性はなかった」として、無罪とした1審東京地裁判決を支持、検察側の控訴を棄却した。

 特別背任罪と法人税法違反(脱税)の罪に問われた同社元社長、森田祥太被告(68)も、特別背任罪を無罪とし脱税で懲役1年、執行猶予2年とした1審東京地裁判決を支持、検察・弁護側双方の控訴を退けた。

 矢村裁判長は検察側が「不必要」と主張していた支出について、「業績悪化していたグループ会社への支援目的の支出」と指摘。「グループの支援として許容しうるもので、経営判断として一定の合理性を有する。PCIには支援するだけの財務的余力もあった」として、1審同様特別背任罪にはあたらないと結論づけた。

 荒木被告は平成16〜17年、遺棄化学兵器処理機構からPCIに委託された事業の一部を外注する際、森田被告に指示を出し、経営が悪化していたグループ会社を介在させて不必要な支出をさせ、PCIに1億2000万円の損害を与えたとして起訴されていた。

 判決によると、森田被告は16年9月期までの2年間に架空経費を計上するなどして法人税約8000万円を脱税した。

【関連記事】
日本に担当者派遣へ ODA汚職でベトナム
ベトナムODA汚職に絡み検察側が「量刑不当」と控訴へ
PCI特別背任事件で元会長に無罪判決 東京地裁
一部無罪の元社長、検察側控訴 PCI特別背任
ODA汚職の元高官起訴へ ベトナム、職権乱用罪で
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

ツイッター、ミクシィ「禁止令」 福岡の高校が事実認める(J-CASTニュース)
モデルの蛯原友里さん結婚(時事通信)
徳之島3町長「平行線だから、もう会わない」(読売新聞)
車内に乳児遺体=万引きで逮捕の夫婦の子か−茨城(時事通信)
全日空商事元社員を逮捕=架空取引で9000万円詐取容疑−警視庁(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。